bellFace Blog

ベルフェイスの働き方や最新情報が気になる方へ

採用情報はこちら

セカンドキャリアはベンチャーへ!私がベルフェイスを選んだ3つの理由

こんにちは。ベルフェイスで人事の責任者をしております西島です。今回は、中途入社でカスタマーサクセスに加わった猿川へインタビューを実施しました。

猿川は、パーソルキャリアで16年間も勤めてきたベテランのキャリアアドバイザー。現在は育児中のため、カスタマーサクセス初、そして、会社初の時短勤務となります。

そんな彼女に、仕事における哲学やベルフェイスに期待していることなどについて語ってもらいました。

北海道の経験が自分のベース。反骨精神とともに東京へ

― 長年パーソルキャリア。どのようなきかっけでその仕事を選ばれたのですか?

もともと、違う会社で広告営業をやっていました。紙媒体は費用対効果が測定できないため、自分の営業活動がお客様にどれだけ利益を生み出しているか分かりづらかったんです。

もっとダイレクトにお客様に貢献できる仕事がしたいと思った時に、パーソルキャリア(当時はインテリジェンス)の北海道支社が立ち上げメンバーを募集しており、応募しました。直属の上司が人材系の会社でバリバリ仕事をされてきた人で…。昔の武勇伝を聞く機会も多く、それで人材系に興味が出たというのもパーソルキャリアを選んだ理由の1つです。

― 前職ではどのような仕事をなさっていたのですか?

前職には16年2か月在籍し一貫して人材紹介サービスに携わっていましたが、社内公募を使って色々な部署へ異動させてもらいました。北海道支社では両手型エージェント、東京に異動してからは法人営業とキャリアアドバイザーをそれぞれ専任で、また、障がいがある方向けの人材紹介サービス、新人キャリアアドバイザーの育成トレーナーなどを経験させてもらいました。

経験の中で生まれた責任感と哲学。お客様に寄り添うことの重要性

― 最も面白かった経験を教えてください。

長い営業経験の中で思うことは、キャリアアドバイザーというのは人の人生を丸ごとヒアリングするという貴重な経験ができる仕事でした。20代のころはお客様の個人的な話を好奇心だけで聴いてしまっている面もありました。しかし、経験を重ねていく中で自分が知りたい情報じゃなくて、その方の転職活動をする上で共有してもらうべき情報を聞くべきだということがわかりました。だからこそ、その方の転職支援に必要な話題にはぐいぐいと踏み込んでヒアリングさせていただきました。

― どのような理由で転職を決意されたのですか?

最近の言い方で言うなら卒業ですね(笑)やり切った感があって、次のステージを探していました。20代から40代までの私を育ててくれたすばらしい環境でしたので、何らかの形で恩返ししたいですし、今後はビジネスパートナーとして関わって行きたいと思っています。

私がベルフェイスを選んだ三つの理由

―なぜベルフェイスを選ばれたのですか?

1. 周囲のススメと新しい職種への魅力 

夫が勧めてくれました。最初は全く興味がなかったんですよ(笑)もともと人材サービスか事業会社の人事を探していたので、ベルフェイスはターゲット外でした。

しばらく転職活動をしている間に、ベルフェイスユーザーの友人が複数いることが分かり…

彼らが異口同音に「ベルフェイス、いいよ」って言うんです。そこでようやくプロダクトに興味を持って調べるうちに興味が湧いてきてエントリーしました。ポジションもカスタマーサクセスという日本では新しい職種であり、何よりも顧客と接点が持てるという点が魅力的でした。

2.働く人の魅力

3.プロダクトのシンプルさ 

一番の魅力は「人」、次にプロダクトです。最初は本当に単なる興味だったんですが、面接を通じて最終的に人に魅力を感じました。面接をしてくださった方々がみんなかっこよかったんです。(笑)

皆さん熱量が高くて前向きで、とても魅力を感じました。

社長である中島は社長業11年、2社目の起業ということで、密度の濃い経験をしているなと思いました。

それから、無理を言って現場の方々にお会いする時間も作っていただいたんですが、すごく話しやすくて人柄もオープンマインドで話しやすく、とてもいい人たちでした。

誰もが営業活動を楽しめて自分を高められるサービスに期待められるサービスに期待

誰もが営業活動を楽しめて自分を高められるサービスに期待

― 今後ベルフェイスに期待していくことを教えてください

営業職=根性、ガッツってイメージがあるじゃないですか。それを変えて行きたいと思っています。例えば私自身を例に挙げると、若手営業だった時代に新規のアポ取り電話を掛けるんですが、シナリオ考えてシミュレーションして…など時間を掛けて準備するタイプなんですね。その一方で、同僚が横でガンガン電話をかけて成果を出しているのを見ると「自分に根性が足りないから成果が出ないのかな…自分はなんてだめなんだ。」と悩むことがよくありました。また、目標が未達だったときなどは自分にはセンスがないと落ち込んだりしました。キャリアアドバイザーとして3000人以上の営業職の方々をカウンセリングしてきた中で、同じような悩みを抱えている方は非常に多かったです。

そういう些細なことで、自分の価値を低くに見ている営業職の方はたくさんいると思う。でも、自分の努力や経験を大事にして欲しいし、何よりも営業活動を楽しんでもらいたい。ベルフェイスの企業ビジョン「Technology for Sales~勘と根性の営業を、テクノロジーで進化させる」これを具現化できれば誰でもお客様に対する活動を楽しめて、自分を高めていけると思っています。

また、このビジョンには経験的にも価値観的にも非常に共感しているので、自分自身も体現者になりたいと思っています。

ベルフェイス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

ベルフェイス株式会社 すべての求人一覧

ベルフェイスの採用情報はこちら