bellFace Blog

ベルフェイスの働き方や最新情報が気になる方へ

採用情報はこちら

物語を語ろう。これは、『ヒト・モノ・カネ・情報』を渡り歩いた男が行きついたベルフェイスという次の物語

こんにちは。ベルフェイスで人事の責任者をしている西島です。

突然ですが、転職はストーリーだと思います。その人がその時に何を感じてどう動いたか。転職活動は面白い話にもなり得ます。

今回はベルフェイス歴1年。カスタマーサクセスで大活躍している鈴木に話を聞きました。経営者になりたいと『人・モノ・カネ・情報』あらゆる業種を経験し、それでも経営者ではなく2番手を志した理由など、ぜひ鈴木のストーリーを聞いて下さい。

個人的には、このタイトルがなんだかキザっぽくてなんとも言えません笑

会社の売却先を見つけ、リストラ名簿に自分の名前を書いて退社

――これまでの経歴を教えてください。

金融、物販、人材業界を経てベルフェイスで4社目ですね。学生の時は経営者になりたかったんです。当時の経営の基本はヒト・モノ・カネ。全部知れば希少な人材になれると考え 、20代のうちに全て経験しようと思いました。中でも、営業力を磨くなら経営者やハイクラスと直接折衝すれば近道では?そんな仕事は…銀行とコンサルだなと思い、まずはカネに対して強くなろうと商工中金に新卒で入社しました。

他の銀行であれば、最初数年間は集金や与信管理などの事務作業がメインになるんです。対して商工中金では二年目から営業に出られました。営業をしたいと思っていたのでほぼそこしか受けませんでしたね。

――実際にどうでした?

最高に楽しかったですよ。支店長や上司に恵まれていたため、厳しい案件も決めることができたんです。お客様に喜んで頂けるように働いた結果、社内でも表彰を頂いたり、新卒に毛が生えたレベルでも組織を動かせていると感じたり。不満もほとんどありませんでした。結局、5年もいましたね。

――そんな良い環境でなぜ転職を考えられたんですか?

それは…調子に乗っていたからです(笑)成績も順調でしたし、父より年上な百戦錬磨の経営者に対して指示をする仕事をしていました(半沢直樹の世界)。しかしふと「これって自分の力なのかな。会社の看板を外した時に鈴木っていう名前でやれるかな」と思うことがありました。その時にちょうど新規開拓したお客様から誘われ、50人規模の輸入販売会社に転職しました。

そこではマーケットの開拓、財務管理、人員配置の管理など幅広く行いました。しかし業界の景気が悪く、本社の売却や、役員の交代、リストラなども含め大きくテコ入れする必要があったんです。商品、スタッフ、お客様を守るためにコスト改善に取り組みましたが、何より自分のお給料が圧倒的に高かったんですよね。最後に会社の売却先を見つけ、リストラ名簿に自分の名前を書いて退社しました。今でも順調だと聞いているので安心しています。約1年勤めました。

努力が足りないとか営業力がない訳じゃなくて、世の中に圧倒的に無駄が多い

――ドラマみたいですね。次は何をされたんですか?

モノとカネは経験したので、次は人材業界でキャリアアドバイザーとして働きました。2社目で、経営はヒトだと気付いたからですね。いくら商品が良くても、適材適所に人を配置しなければ経営は上手くいきません。またこれまでBtoBだったので、toCを経験すれば営業として最強になれると思いました。

結果、入社半年で部署で1番になり、新規事業の立ち上げも経験して3年間お世話になりました。

――これまで確実に結果を出していますが、評価された点はなんでしょう?

効率的なところですかね?僕、無駄なことをしたくないんですよ(笑)金融機関のときにも、普通の人が融資を決めるために3~4回訪問をするところを、僕は自分で決められるところは1回で決め、上司が必要な会社は最初から上司を連れて行くようにしていました。また銀行の稟議って、上げては書き直してを繰り返すんです。しかし僕はそれを1回で通すようにしていました。誤字脱字や資料の添付漏れを無くしたり、質問されないようにエビデンスを最初から揃えたり。何があれば人が納得するのかは、半年もやれば分かります。

例えば、今営業成績で悩んでいる方々も、努力が足りないとか営業力がない訳じゃなくて、世の中に無駄が多いだけなんですよね。効率的にやれば誰でもできます。今思えばカスタマーサクセスの仕事にも活きていると思いますね。

――人材業界からはなぜ転職をされたんですか?

当時、経営に必要なものはヒト・モノ・カネと『情報=IT』と言われるようになってきた時代でした。IT業界に興味がありましたが、なまじキャリアアドバイザーとして働いているので30代からのキャリアチェンジが難しいと十分に分かっていたんです。30代になる前に情報産業に身を置けなかったことを後悔しながらも、責任ある立場なので挑戦も出来ない。そんなもやもやを抱えていました。

そんな時に父が倒れたんですね。人材業界ってすごいハードで、お客様や社会のために働いている自負はありましたが、いざというときに身内や家族と一緒にいられないくらい時間が取れませんでした。「両親が元気なうちに親孝行をしたいし、友人や恋人にも向き合う時間が欲しい」これは働き方自体を考える必要があると思いましたね。また人材業界で働いたからこそ、そんな人たちが日本にたくさんいるのを目の当たりにしていました。『日本の働き方自体を見直さなきゃいけないな』と使命感も感じましたね。

お客様について10~15分語れるくらいまで知って、自ら価値を生み出す仕事

――ベルフェイスを知ったきっかけと決めた理由を教えてください。

きっかけは、ベルフェイスからスカウトメールが届いたことです。前職がベルフェイスのユーザーだったので、知ってはいたんです。しかし15分で良いからと来てと言われたのが、結局役員の西山と2時間話しました。なんだこいつはと思いましたね(笑)

その後社長とも1時間くらい話しましたが、途中で財務資料や事業計画書も出してきたんです。なんて素直で面白い社長だなと思った反面、ちゃんとした人がいないと騙されちゃうんだろうなと思いました(笑)

経営者になりたいと思っていた夢も、働く中で僕には0→1を作る力や、鈴木のためにやろうと言われるような人を巻き込む力は無いと感じていました。であれば、ビジョンを持っている人の最強の右腕になりたい。ヒト・モノ・カネ全てやってきたので、自分ならこの2人を後押しできるんじゃないか。そう思い、当時3社の内定が出ていましたがそれをお断りし、ベルフェイスに来ました。

――カスタマーサクセスを希望したのはなぜですか?また向いている人を教えてください。

お客様に伴走できると思ったからですね。人材業界ってサポートした人が入社を決めたら終わりで、その人の活躍って見えないんです。自分がどういう価値を提供しているかが分かりにくいんですよね。

その点カスタマーサクセスは、お客様1社について10~15分語れるくらいまで知って、自分だったら何ができるかを考え、価値を作る仕事です。そのため商品は自分。追い詰められた方がモチベーションが上がるため、自分の力が試されるという環境は良かったですね。

自分の力で仕事をしたいとか、お客様を成功させたいという方にはぴったりだと思います。

――カスタマーサクセスの目指すところと現在地を教えてください。

うーん、20点くらいですかね。ベルフェイスが目指しているビジョンが大きいのも理由ですし、お客様の成功のために出来ることが無限にあるというのも要因です。今はコンサルタント1人につき100社~150社担当をしているので、もっとこの会社をここまでしたいと思っているのに、人が足りていないのが現状です。

そのためカスタマーサクセスとして、価値が提供できるポテンシャルはめちゃくちゃあるんですよ。今はまだプロダクトの良さで選ばれていますが、ベルフェイスの価値はプロダクトじゃなくて実はカスタマーサクセスなんだ。そう思われるような仕組み作りを行いたいですね。

――Wantedlyを見ている人たちに一言お願いします。

初めて面談をしたときに、僕にはベルフェイスがiPhoneと被って見えたんです。10年前のiPhoneってパソコンでよくない?という印象でしたが、今は仕事も含めてiPhoneで完結できます。ベルフェイスも同じです。今はSkypeでよくない?と言われることもありますが、5~10年後にはベルフェイスが当たり前になり、ベルフェイスじゃないと作れない世界が来ると思いました。

またベルフェイスは人も魅力です。働く人それぞれが突き抜けたものを持っているので勉強になりますし、考え方もやり方も違うんですが、それを正解・不正解で判断せず全部試そうという考えなんですよ。自分がやってきたことって無駄じゃないと思えますし、どんな人でも活躍できる環境だと思いますね。

ベルフェイス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

ベルフェイス株式会社 すべての求人一覧

ベルフェイスの採用情報はこちら