bellFace Blog

ベルフェイスの働き方や最新情報が気になる方へ

採用情報はこちら

『生き方改革』を進める僕がDELLからベルフェイスに転職したワケ

こんにちは!ベルフェイス人事の西島です。

今日は昨年12月にあの世界トップクラスのITソリューション・プロバイダーDELLから転職をしてきた堀に話を聞きました。

宮崎にてキャリアをスタートさせ、いわゆる理想の働き方を体験してきた彼がなぜ今ベルフェイスに入ったのか…そこにスポットを当てます!

『朝はサーフィン、昼は仕事、夜はゴルフ』絵に描いたようなワークスタイルを宮崎の地で

新卒では、パソコンメーカーで有名なDELLに入社しました。

DELLは川崎に本社、大阪に西日本支社、宮崎にコールセンターがあるんです。新卒の場合、初任地は全員が宮崎なんですよ。なかでもサポートと営業に分けられて、僕は営業に配属されました。(ちなみに最新情報だと新卒は本社スタートも可能になったとか。。)

――具体的にはどんなことをしてたの?

法人企業向けのインサイドセールスです。全国のお客様に対して、電話とメールのみで案件獲得から契約完了まで行っていました。当時は宮崎県からも会社からも出たことないです(笑)

特に地方企業に対しての営業は、会わないことのデメリットが大きいんじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、実際はまったく無かったです。都心でのインサイドセールスと変わらず、お客様にとっては時間の節約になりますし、我々としても1人で何十社も対応できるのが効率的でした。

――宮崎でインサイドセールスが全然想像ができない…

ワークスタイルが全然違いましたね。例えば、宮崎では毎朝サーフィンをしてから出社する上司がいました(笑)町の中心から海まで15分なんですよ。上司は毎朝1~2時間波に乗って、今日の波情報をSNSで投稿してから出勤していましたね。この方です。

https://www.facebook.com/gla.tomo

その人は、アマチュアの大会で優勝するほどの腕前です。直属の上司が、サーフィンやって出社するっていうのは中々ないですよね(笑)

僕自身も朝はサーフィンしたり、夜は会社の人みんなでゴルフに行ったりしていました。「今日は19時からゴルフだぞ」って言われて、それこそ飲み会に行く感覚で夜ゴルフに行っていましたね。そうやって、会社の人達と親睦を深めていました。

もっと自分がやるべきことがあるからこそ、ベルフェイスを選んだ

――でもさ、そんなに働きやすい環境でなんで転職したの?

立地や環境は良かったんですが、宮崎は、あくまでもコールセンターで本社機能は無かったんです。キャリアアップのためには、ほんとにこれで良いのか?ともやもやしていました。

その時に川崎の本社に異動になり、楽しいんですが…本社でも全く同じインサイドセールスをしていたんですよ。居心地が良かった宮崎から出てまで、来た意味あるのかな?と思いました。

それで転職を考えるようになり、まずはSaaSビジネスをしている会社を探しました。PCってどの企業様にも必要なので、たくさんの企業様とコンタクトをしていたんです。それでSaaSというビジネスモデルに興味を持ちました。

特に興味を持った点は、事業のスピード感と成長性ですね。例えば、お客様から要望があったときにすぐに改善できたり、また、時代が求める最先端のものを提供しているのが魅力でした。

――たくさんのSaaSがある中でなんでベルフェイス?

インサイドセールスを続けたいと思ったのが理由です。自分が体感したからこそですが、インサイドセールスって、すごく魅力的な働き方なんですよ。営業としてベルフェイスを広めることは、まさしくインサイドセールス自体を広めることだと思いました。

特にインサイドセールスであれば、地方にいても都心と同じ仕事ができる点が魅力ですね。前職でインサイドセールスをしていたとき、宮崎でも川崎でも仕事内容は変わらなかったんです。しかし、地元の友人は「地方だと仕事がない」と言っています。

ベルフェイスのユーザーには、地方にいながらインサイドセールスをしている方がたくさんいます。地方の働き方を変えられるかもと思いました。

目指すは働き方改革ではなく『生き方改革』

――中長期的なビジョンで、こういうキャリアを気付きたいっていうのはあるの?

うーん、まずはベルフェイスのインサイドセールスとして活躍して、インサイドセールスの良さを多くのお客様に実感してもらいたいですね。

あとはやっぱり将来的には地方に住みながらインサイドセールスを続けて、場所を問わない新しい働き方を自ら体現していきたいですね。僕、マンションよりも1戸建て派で、かつ大きな庭で犬を飼いたいタイプなんですよ(笑)そんな理想の家で、東京と同じように仕事でも活躍できれば幸せです。

――なんだその幸せハッピーライフは…同世代のもやもやしている人に向けて何かある?

特に地方の若者って、自分の可能性を縛っている人たちが多い気がします。しかし、それは身近にロールモデルがいないからだと思うんです。

世の中には想像以上にたくさんの働き方があります。働き方改革じゃなくて、生き方改革というか…多様な働き方に触れて、ライフスタイルに合わせた選択をしてほしいと思いますね。

――生き方改革!いろんな働き方があると知ることで選択肢が広がるよね。では最後に何か読者に向けて伝えたいことはある?

ゴルフしたいから早く仕事を終わらせる。そういった仕事以外に、楽しみをもって働くということも大事だと思います。

というのも、過去に残業時間の多さで悩んでいた時期があったのですが、1人だけ仕事で成果をしっかり出して必ず定時に帰る先輩がいたんですよね。

そこで、なぜそんなに早く帰れるのか?と、質問したんですよ。

そうしたら、

『家族に早く会いたいんだよね。好きだから。』

という返答がきました。かなり驚きました。

正直、仕事をする上でのテクニックを教えてもらえると思ったのですが、そういったマインドで仕事をするといったことが、意外と仕事を効率よく進めるんだなと思いました。

僕も将来、後輩にはそう返せるようになりたいですね。

――朝はサーフィン、夜はゴルフをしながら働いている。実は東京よりも地方の方が働き方への感度が高いのかもしれないね。

ベルフェイス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

ベルフェイス株式会社 すべての求人一覧

ベルフェイスの採用情報はこちら