bellFace Blog

ベルフェイスの働き方や最新情報が気になる方へ

採用情報はこちら

『営業のネガティブイメージを変えたい』私が惚れ込んだプロダクトと人とベルフェイスと

こんにちは。ベルフェイス人事の西島です。
今回は、インサイドセールス支援事業部のセールスチームで活躍している和田に話を聞きました。

前職では北海道の事業所をゼロから立ち上げ、全国で一番の導入数をたたき出した凄腕の営業だった彼女が何を思い、次なるキャリアアップのステージにベルフェイスを選んだのか。じっくりと聞いてきました。

凄腕の営業ウーマンが転職を考えた理由とは?

–もともと営業職を希望だったの?

いわゆる「夢なし族」で、学校を卒業したときに、これがしたいという仕事が思いつきませんでした。

ただ漠然と会社から必要とされる人になりたい、そういうスキルが欲しいという気持ちがありました。それが私にとっては「営業」でした。

正直、営業って辛いイメージがあったんですけど…むしろ若いうちに辛い経験しておいた方が良いかなと思い【営業、辛い、会社】で調べて出てきたのが「リクルート」でした(笑)

新卒での入社は難しく、1年間精神科の病院で秘書として働いてから中途で入社することになりました。

リクルートの面接を受けにいったときに「落ちたらどうするの?」という質問に対して「受かるまで面接を受けにきます」と言って、当時のマネージャーに若干引かれたのをよく覚えています(笑)
入社後はホットペッパービューティーという美容院向けの広告営業を担当。営業未経験だったので右も左もわからない状況でしたが、毎日こつこつと努力を重ねました。
広告枠を売って、広告をつくるだけの営業ではなく、クライアントにとってたった一人の良きパートナーでありたいと考えていました。そのために美容室経営について学び、美容室の商材についてディーラーに尋ね知識を得て、時にはクライアントに新規出店してもらうために、ビルに飛び込み家賃交渉などもしました。その努力はクライアントに伝わり、数字につながって、年間の表彰など数々の社内表彰を頂くことができました。

目標としてた表彰を取ればきっと満足すると考えていましたが、その時「知名度のあるサービスではなく、まだ世に知られていないサービスを果たして自分が売れるのか」という疑問が生まれました。
そのため、リクルートの正社員登用のお誘いを断り、お誘いを受けたベンチャー企業「Dr.JOY」に転職しました。

–Dr.JOYさんでは、担当エリアを全国でNO.1にしたことがあるとか。

Dr.JOYでは医療関係者に向けたシステムの営業を担当しました。ほぼ立ち上げメンバーのような形で、北海道を中心に、新規開拓や顧客のフォローをしていました。

自分の中で「北海道を全国で一番Dr.JOYを使っているエリアにしたい」という気持ちがありました。前職リクルートで同期だった女性営業と2人で訪問と『ベルフェイス』を駆使しながら1年間やりきった結果、北海道の導入施設数が全国1番になりました。

結果が認められ、本社に呼ばれて営業マネージャーに着任。ただ自分がやりたいこと、将来のキャリアビジョンを考えた時にこのままで良いのか?と思い、転職を考えるようになりました。

はじめはドン引き?!「ベルフェイス愛」が入社の決め手

–ベルフェイスへの転職の経緯は?

Dr.JOYでベルフェイスを使っての営業を行っていたこともあって、ベルフェイスも候補の一つではありましたが、ほかにも内定を幾つか頂いていました。

でも最終的にベルフェイスを選んだ理由としては、下記の4つです。

①ベルフェイスを実際に使っていたからこそわかる、プロダクトの秀逸さ

Dr.JOYではもともと訪問営業がベースでしたが、ベルフェイスの導入をきっかけに大部分を非訪問に切り替えました。
実はDr.JOYの導入施設である最北端稚内と最南端石垣島は私の受注先で、これはベルフェイスがあったからこそ出来た受注だと思っています。天候に左右されず、時間や移動費などの無駄のない状態で営業ができるプロダクトの秀逸さや、使いやすさなどを全部含めて、ベルフェイスの良さを実感していました。

②ベルフェイスでの働き方

ベルフェイスはフルリモート・フルフレックスの制度があり、実際にフレックスで働いている人たちがたくさんいることを知って、大きな魅力を感じていました。

③「人財」

面接では、社長・役員・人事と直属の上司とお会いしました。
お世辞抜きに良い人たちだなと感じました。むしろ、良い人たちすぎたので若干怪しさも感じてました(笑)

ただ、この印象は入社しても全然変わりません。管理職だけではなく、社員全員が困ったときに、何かを質問すると、どんなに忙しくても自分の事のように教えてくれます。

こういった助け合いの精神みたいな空気があるからこそ、良い人間関係を築くことができますし、会社全体が良い雰囲気でいられるのかなと思います。自分の時間を削っても助けてくれる人がいるのは、中途入社組の私にとっては非常に心強いです。

④社員のベルフェイス愛

入社をしてびっくりしたのが社員のベルフェイス愛の強さです(笑)

社内にベルフェイスのTシャツを着て仕事している人が多い!
先日も通常の営業日にチームの飲み会があったんですが、男性全員がベルフェイスのTシャツを着ていたときは思わず笑いました。自分たちが良いサービスだと思えていないとお客様には良いサービスだと思ってもらえないと思うので、その点社員が会社やサービスに誇りを持っているのは素敵だなと思います。

『営業のイメージ』と『これからの働き方』を変えるために

–では、そのベルフェイスで、これからどのように働きたいと思っていますか?

ベルフェイスを通じて「営業は楽しい」「営業をやってみたい」というポジティブなイメージを発信していきたいと思ってます。

私は営業の仕事に出会って良かったと思っています。もちろん仕事なので辛いこともありますが、それ以上に自分の提案がお客さんのためになったり、喜んでもらえて感謝してもらえたり、良かったなと思うタイミングも数え切れないほどあります。
仕事を聞かれて営業と言うと「辛いね」「大変だね」「残業多そうだね」という言われることが多いんですが、そういうイメージが先行して「やりたくない仕事」と思っている人も多いのかなと思います。
だからこそベルフェイスを通じて営業がもっと身近な存在になったり、良い仕事だと思ってくれる人が増えたら嬉しいなと思います。

ベルフェイスは「場所」や「時間」が障害となって、会うことが難しかった人たちに対して対面と同じように営業ができるサービス。私はセールスとしてベルフェイスの良さを伝えて、これまで出会うはずもなかった人と人を繋げて、新しい出会いをつくっていけたら幸せだなと思います。

ベルフェイスの採用情報はこちら